模擬口頭試験リアル講座のお知らせ 詳細はこちらから

令和4年度技術士二次試験の再現論文の添削【施工計画Ⅱー2-1】

大桟橋
ホーム » 技術士二次試験対策 » 建設部門模範解答 » 令和4年度技術士二次試験の再現論文の添削【施工計画Ⅱー2-1】
a
目次

建設部門(施工計画、施工設備及び積算)再現論文の添削

技術士二次試験選択科目の論文添削講座の受講生から再現論文の提出がありました。
今回はその論文の紹介と見解・指摘事項を考えていきます。

問題文

Ⅱー2ー1地方都市郊外の丘陵地を切土(粘土混じり砂質土: 2 5万m 3 )して盛土 ( 20万m3 ,最大高さ10m )する大規模宅地造成工事を行うことになった。このうち鉄道に近接する範囲の一部分には補強土壁(最大高さ6 m,延長約200m )が計画されている。
以上を踏まえて,本工事の現場責任者として,以下の内容について記述せよ。
( 1 )補強土壁部の施工計画を立案するに当たって検討すべき事項のうち,本工事の特性を踏まえて重要なものを3っ挙げ,その内容について説明せよ。
( 2 )本工事の品質低下の原因となる重要なリスクを1っ挙げ,現場責任者として,どのようにマネジメントするか,留意点を含めて述べよ。
( 3 )補強土壁の最上段を施工中,豪雨により一部の補強土壁に異常な変形が発生した。
この対応に当たり,現場責任者として発揮すべきリーダーシップについて述べよ。

再現論文

(1)補強土壁部の施工計画立案時に検討すべき事項
本工事の特性を踏まえ重要な3つを下記に述べる。
① 鉄道への近接施工対策
事前に鉄道管理者と近接施工協議を行い、近接程度の判定や管理項目及び管理値を設定しておく。近接度が高くなる場合、対策工を行う必要があるが、対策工による影響についても考慮して計測計画を立案する。
② 基礎地盤への地下排水工の適切な設置
補強土壁の施工箇所は、丘陵地と鉄道部盛土箇所に挟まれた低地であり、水が集まりやすい地形である。
補強材敷設範囲に水が浸入しないよう、地下排水工を適切に設置することで、施工時及び完成後に発生する水の侵入による補強土壁の変位、崩壊などを防ぐことができる。
③ 補強土壁に用いる良質な盛土材の確保
補強土壁の盛土材は、砂質土を用いることが原則で
ある。しかし、本工事の切土は粘土混じり砂質土が主体となっている。切土箇所のうち、補強土壁の盛土材に適した材料を選定する土配計画が必要である。
 また、補強土壁の施工の進捗に合わせ、施工待ち時間が生じない土運搬計画を立案することも重要である。
(2)品質低下の原因となるリスクとマネジメント
①品質低下の原因となるリスク
 補強土壁に用いる盛土材は補強材との適合性に留意する必要がある。本工事の補強土壁は、垂直壁面に作用する土圧に対して、補強材の引抜抵抗力により、釣合いを保ち土留壁の効果を持たせる工法である。補強材の引抜抵抗力が十分得られる盛土材を選定しないと、品質低下を招くリスクが高い。
 具体的には、壁面の前倒れや盛土の沈下により、壁面材の破損、補強材が破断し、補強土壁の崩壊につながるリスクがある。
②マネジメントするうえでの留意点
 事前にボーリング調査を行い、切土範囲の土質性状を把握し、補強土壁の盛土材となる箇所へ良質な盛土材を使用する土配計画とする。
 また。切土施工時には事前に想定した盛土材が発生しているか、現地で性状を確認しつつ施工を進め、切土の土質性状が変化した場合、追加で土質試験を行う。
(3)豪雨により補強土壁に異常な変形が発生した対応
 応急対策として、補強土壁の崩壊を防ぐため、即座に作業を中止し、作業員の避難を行う。
 発注者、鉄道管理者に状況報告を行い、周囲の立入禁止措置等を行い、第三者被害を防止する。
 次に状況把握のため、補強土壁の変位、周辺地盤の亀裂の発生、沈下について計測を行う。
 計測結果より補強土壁の変位が想定外の危険な変位が生じているかを判定し、復旧対策工法を立案する。
 発注者、鉄道管理者と復旧対策工法について協議し、復旧工事を進めていく。以上

再現論文の見解・指摘事項

見解

この論文を書いた受講生の方は建設コンサルタントの方で建設現場に20年以上従事したベテラン技術者です。
本講座では合格する論文につて以下の指導をしています。
①問題文を読んで、問題文で要求されていることを答案に書くこと
②その内容が間違っていないこと
③内容が読んで理解できること
④文字数を満たしていること

参照:技術士二次試験合否判定基準【思考停止から脱却しろ】


この論文は上記の4つを満たしているので、充分に合格圏内に入っていると考えられます。
少なくとも本番の限られた時間でこれだけの論文を仕上げるのは大変だと思います。

選択科目はⅡとⅢの問題を合わせて6割以上でA判定になります。
例えば問題Ⅱの得点が6割以下でも問題Ⅲと合わせて6割以上得点できれA判定です。
そのため6割を目指すのではなく、取れるところで高得点を取るのが得策です。
残念ですがこの論文は6割の得点を取れていると思われますが、高得点は難しいと考えています。
理由は採点基準を完全に網羅できていないからです。

ではどうすれば採点基準を満たした高得点の論文が書けるか解説していきたいと思います。

指摘事項

設問(1)について

まずは設問(1)をよく読んでみてください。

( 1 )補強土壁部の施工計画を立案するに当たって検討すべき事項のうち,本工事の特性を踏まえて重要なものを3つ挙げ,その内容について説明せよ。

「本工事の特性を踏まえて」とあります。
続いて「重要なもの3つ」とあります。
これらの内容は序文と模式図を見て、考えてくさい。
これらが「本工事の特性」や「重要なもの」でないと判断されれば、得点は伸びません。
反対にそれらの意図を理解した内容であれば、高得点が期待できます。
では「工事の特性を踏まえて重要なもの」は何かといえば鉄道です。
鉄道がなければ、この工事は大した工事ではありません。
鉄道の営業を考慮した施工計画である必要があります。


そして施工計画とは具体的に「品質」「工期」「予算」「安全」「施工法」「第三者災害」「仮設」などについて、計画を立てることです。
提出して頂いた再現論文の設問(1)は鉄道についての言及がありますが、設問(2)と(3)についてはそれがありません。
もちろんそれらのことを考えているとは思われますが、記述がないので高得点は出ないと考えられます。
間違ったことを書いているのでないので、大きな減点はないと思われます。
問題文で「重要なもの」という記述を考えれば、非常に残念な答案です。

ここでは「重要なもの」とは何か?という点に視点をおいて考察することが重要です。

設問(2)について

続いて設問(2)について考察をしてみます。

( 2 )本工事の品質低下の原因となる重要なリスクを1つ挙げ,現場責任者として,
どのようにマネジメントするか,留意点を含めて述べよ。

「品質低下の原因となる重要なリスクと問題文にあります。
この工事の品質で一番困ることは、補強土壁が崩壊して、鉄道の営業に支障がでることです。
鉄道があるために補強土壁が必要なためで、鉄道がなければ対策工法は不要になるからです。
再現論文では、補強土壁についての現況はありますが、その理由について鉄道の記述がありません。
非常にもったいない論文です。

つづいてマネジメント留意点について考えてみます。
あなたはマネジメントとは何かをご存じでしょうか?
それは技術士の申込書に書かれています。

技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)です。
平成31年度技術士試験の概要について

マネジメント
業務の計画・実行・検証・是正(変更)等の過程において,品質,コスト,納期及び生産性とリスク対応に関する要求事項,又は成果物(製品,システム,施設,プロジェクト,サービス等)に係る要求事項の特性(必要性,機能性,技術的実現性,安全性,経済性等)を満たすことを目的として,人員・設備・金銭・情報等の資源を配分すること。

この採点基準から読み取ると、マネジメントとは計画を立てることと、その運営に当たり計画と相違がある場合は是正(変更)をすることになっています。
この再現論文では土配計画をあるのでマネジメントの要件は満たしています。
ただし留意点については計画を立てるだけでなく、検証・是正(変更)について言及して頂きたかったと思います。
それは採点基準で定められていることから逸脱しているからです。
個人的には非常に残念です。

設問(3)について

最後に設問(3)について考えてみます。

( 3 )補強土壁の最上段を施工中,豪雨により一部の補強土壁に異常な変形が発生した。
この対応に当たり,現場責任者として発揮すべきリーダーシップについて述べよ。

リーダーシップにていてのどのように対応するべきかを問われています。
はっきり言います。
対応は何でも構いません。
大事なことはそれがリーダーシップを発揮しているか否かです。
そしてリーダーシップとは何かを理解していなければ高得点は出ないということです。
ではリーダーシップとはなんでしょうか?


これもマネジメントと同じで技術士の申込書に書かれています。
技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)です。
平成31年度技術士試験の概要について

リーダーシップ
・業務遂行にあたり,明確なデザインと現場感覚を持ち,多様な関係者の利害等を調整し取りまとめることに努めること。
・海外における業務に携わる際は,多様な価値観や能力を有する現地関係者とともに,プロジェクト等の事業や業務の遂行に努めること。

明確なデザインと現場感覚については正しく記述できています。
多様な関係者とは最低自分も含めて、2名以上でしょう。

これらのついては再現論文で題意は満たしています。

そして重要なのはこれらについて「調整」しているか否かです。
残念ながら再現論文では「協議」と記述されています。
採点基準から逸脱しています。


間違ったことを書いていないのので、大幅な減点はないと思われます。
ここまで書ければ上位10%以内には入れます。
ただし採点基準を完璧に満たしていないので高得点はでないでしょう。
協議⇒調整
にしていないのが悔やまれます。

①問題文を読んで、問題文で要求されていることを答案に書くこと
②その内容が間違っていないこと
③内容が読んで理解できること
④文字数を満たしていること

⑤技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)をアピールすること

技術士二次試験に合格することは決して難しくありません。
特にコンピテンシーの理解は事前に100%の準備ができるはずです。

技術士二次試験の合格率は約10%です。
申込者のうち受験する人がその中の78%になります。
受験する人のうち完璧な準備をした人が22%になります。
78%×78%×22%=13%です。
筆記試験の合格率は13%です。
そしてこのうちを78%の人が口頭試験に合格します。
13%×78%=10%です。
技術士二次試験の最終合格率は10%になります。
これはユダヤの法則になります。

超最難関資格でも合格できる方法がある

技術士の試験は、一次試験⇒二次試験⇒総合技術監理部門と難易度が上がるに連れて、知識量は試されなくなります。
考え方とコミュニケーション能力(日本語能力)が試されます。
それをあなたは知識量を試されていると勘違いして何回受験しても不合格なのです。

考え方を変える必要があるのです。
それはすごく難しい作業ですが、以下に紹介する資料を何度も読み勉強すれば身に付きます。

こちらです。

この資料を購入して何度も何度も繰り返し勉強してください。
何度も何度も読み返してください。
何度も繰り返し読むことで自分の「考え方」をアップデートしてください。

合格する人には共通の法則があるように、合格する論文にも共通の法則があります。
上記の資料はその合格する論文の法則を教えています。
意識を高めてこの資料で勉強して、論文の法則を理解・習得すれば確実に合格します。
技術士に合格するための「考え方」はこの資料で教えています。
自分ではじめから考える必要はないのです。
自分で考え方を構築すると時間が掛かります。
間違える可能性もあります。

短期間で確実に合格するためには、すでに確立された「考え方」を教えてもらい、それを身に付けることです。

最終的に自分の人生は自分で何とかしなければなりません。
間違った所を修正するには、正しいことを教えてくれる人を選ばなくてはなりません。
教えてもらう人を間違えると、すべてが間違えてしまいます。

過去と他人は変えられませんが、自分と未来は変えられます。
今の自分は過去の自分の総決算です。
未来の自分は今の自分の総決算です。
今の自分が正しい行動、正しい考え方を繰り返せば未来の自分が変わります。
合格して人生を変えるのではなく、人生変えるために合格するのです。


横浜すばる技術士事務所はあなたの技術士合格を応援させて頂きます。

自分を信じろ
技術士試験対策はお任せください。

技術士試験対策は横浜すばる技術士事務所

技術士二次試験対策は要領です。

合格する論文の黄金法則

よかったらシェアしてね!
目次