模擬口頭試験リアル講座のお知らせ 詳細はこちらから

業務経歴票– category –

技術士二次試験は申込の段階から試験が始まっているといわれています。
その理由は申込時に提出する業務経歴票が口頭試験時に質問内容とされるからです。
あなたの業務経歴票が受験資格を満たしていない場合は不合格と判断されます。
技術士としてふさわしくないと判断されれば不合格になると考えられます。
業務経歴票だけで合否の判断はされません。
しかし第一印象が合否に係ることは十分考えられます。
あなたが、技術士二次試験に合格するためには、入念な準備をして業務経歴票を完成させる必要があります。