模擬口頭試験リアル講座のお知らせ 詳細はこちらから

技術士に合格する価値観とは!【この試験は100人に3人しか合格しない】

押す
ホーム » ブログ » 技術士に合格する価値観とは!【この試験は100人に3人しか合格しない】
a
目次

一度身につくと変えられない「自分の価値観」

あなたは服を買うとき、何を基準に選びますか。
値段、素材、色、用途などの基準がありますが、最終的には「自分の価値観」で選んでいると思います。
この「自分の価値観」が出来たのはいつごろでしょうか?
たいていの人は自分で服を選び買い始めたころからになります。
20歳前後だと思います。

そしてこの「価値観」は一度身に付いてしまうと、後から変えることは非常に難しくなります。

おじさんはおじさんぽい服を着ています。
おじさんが着ている服はおじさんが若いころ流行った服です。
その頃のおじさんは、若者の服を着ていました。
服屋さんに売っている服が若者の服だったからです。

しかし時代とともに若者に流行る服は変わっていきます。
でもおじさんは最初に覚えた自分の服装を変えられません。
一度身に付いた「自分の価値観」を変えられないのです。
そして時代に取り残され、おじさんぽい服装になるのです。
おじさんぽい服装は、昔のおじさんの服装になります。

最初に覚えたものが「自分の価値観」になるのです。
これは非常に重要なことです。
服だけでなく、趣味、嗜好、習慣、勉強の仕方など最初に覚えたものが「自分の価値観」になります。

「価値観」とは「文化」とも言い換えられますし、「ホーム」とも言い換えられると思います。
小さな会社に在席している方は、大企業のお客さんの会社に行くと緊張しますよね。
違和感を抱いたり、居心地が悪かったりします。
それは「ホーム」ではないからです。
「アウェイ」にいるからそう感じます。
「文化」が違うから違和感を抱きます。

「文化(価値観)」には無意識の行動や考え方を制御する力が働きます。
大きな会社では無意識にする行動や考え方が小さな会社と違うので、それがストレスになってしまいます。

小さな会社では無意識でする行動や考え方が同じなので、それが安心であり居心地がよかったりします。
それが「ホーム」というものになります。

居心地のいい「ホーム」は変えられない

これは非常に重要ですが、「ホーム」の居心地の良さに身を任せると危険です。
理由は「ホーム」が必ずしも正しいとは限らないからです。
「ホーム」が間違っていれば、あなたの行動もその結果も間違えたものになります。
行動と結果が間違っているとわかっていても、居心地のいい「ホーム」から離れられなくなり、結果的に何回も間違った行動を修正できなくなります。

間違った行動や結果を変えるためには、居心地のいい「ホーム」にいたいという欲求を断ち切って、自分の「ホーム」をアップデートしていかなくてはなりません。
それができないといつまでも時代遅れのおじさんっぽい服装から脱却できません。
どんどん間違った人になったり、古い人になってしまいます。
おじさんの服装にはその人の考え方や柔軟さが表れます。

技術士に合格したければ間違った「価値観」をアップデートすること

これは技術士の試験についても当てはまります。
技術士一次試験⇒技術士二次試験⇒総合技術監理部門と難易度が上がれば上がるほど、暗記能力ではなく、普段考えていること、考え方、コミュニケーション能力が試されます。
その暗記という「ホーム」を変えられずに不合格になる方が大半です。
合格したければこの「ホーム」という「価値観」を変えなくてはなりません。

人は最初に教育された方法を「ホーム」=「文化」=「価値観」と認識して無意識の行動や考え方をゆだねるという性質があります。
そのため自分の役割が変わったり求められるものが変化した場合はかなり強い覚悟を持って自分の「ホーム」をアップデートする必要があります。

結果は行動により決まります。
行動は考え方によって決まります。
結果が間違っているのであれば、考え方も間違っています。
考え方を変えなくてはなりません。
考え方⇒行動⇒結果
これが結果の法則です。

考え方の根底にあるのがその人の「価値観」です。
価値観⇒考え方⇒行動⇒結果
結果を変えたければ価値観を大きく変えないといけません。
我々は小学校の頃からず~と試験は物事を覚えること、つまり暗記力を試されてきました。
技術士の試験は一次試験⇒二次試験⇒総合技術監理部門とフェーズが上がるにつれて暗記力は重要視されません。
考え方、普段何を考えているのか、コミュニケーション能力を試されます。
あなたの中にある暗記という根強い「ホーム」を断ち切り、考え方、コミュニケーションという新しい「ホーム」にアップデートしなければなりません。
それを変えないから何回受験してもこの試験に合格しないのです。

価値観をかえるには

自分の「ホーム」を変える強い意識を持ち次に紹介する資料で勉強すれば、必ず合格します。

一般部門の受験生はこちらをご購入し勉強してください。
総監部門の受験生はこちらをご購入し勉強してください。

この資料を購入して何度も何度も繰り返し勉強してください。
何度も何度も読み返してください。
何度も繰り返し読むことで自分の「ホーム」をアップデートしてください。

合格する人には共通の法則があるように、合格する論文にも共通の法則があります。
上記の資料はその合格する論文の法則を教えています。
意識を高めてこの資料で勉強して、論文の法則を理解・習得すれば確実に合格します。
技術士に合格するための「ホーム」はこの資料で教えています。
自分ではじめから考える必要はないのです。
自分で考え方を構築すると時間が掛かります。
間違える可能性もあります。

短期間で確実に合格するためには、すでに確立された「ホーム」を教えてもらい、それを身に付けることです。

最終的に自分の人生は自分で何とかしなければなりません。
間違った所を修正するには、正しいことを教えてくれる人を選ばなくてはなりません。
教えてもらう人を間違えると、すべてが間違えてしまいます。

過去と他人は変えられませんが、自分と未来は変えられます。
今の自分は過去の自分の総決算です。
未来の自分は今の自分の総決算です。
今の自分が正しい行動、正しい考え方を繰り返せば未来の自分が変わります。
合格して人生を変えるのではなく、人生変えるために合格するのです。

参考:日本技術士会HP

技術士試験対策はお任せください。

技術士試験対策は横浜すばる技術士事務所

技術士二次試験対策は要領です。

合格する論文の黄金法則

よかったらシェアしてね!
目次