筆記試験が終わりました。
合格発表はまだしばらく先です。
来年の1月上旬発表の予定です。
口頭試験は来年2月上旬から始まります。
合格発表から口頭試験までは、最短で1カ月程度しかありません。
今年は試験日程がコロナウィルスの影響で変わりました。
口頭試験は年度末に行われます。
年度末の繁忙期に行われます。
試験勉強どころではないヒトいると思われます。
それを考えると、口頭試験対策は早めに始めるほうがいいでしょう。

総合技術監理部門の口頭試験は、一般部門の口頭試験とは異なります。
何を聞かれるか分かりません。
諮問事項は試験官によってかわります。
受験生によっても変わります。
そのためどのような対策を取るのか、迷ううヒトも多くいます。
心配になるヒトも沢山います。

ですが、心配は無用です。
何を聞かれるのかを心配するのではなく、
どのように答えるのかを知れば簡単に合格できます。
問題は無数にありますが、求められている能力は3つ程度です。
その3つを理解すれば試験は合格します。
総監が簡単なのは、求められている能力が少ないいからです。

試験が簡単なので、それを見破られないようにヘンテコな質問をします。
本質を理解し、理解していることをアピールすれば合格します。
今回は総監の本質を理解し、口頭試験に合格する資料販売のご案内です。

●技術士総合技術監理部門口頭試験編 令和2年度版 (pdf資料  130ページ)
【内容】
去年合格者の口頭試験再現を2例追加しています
技術士総合技術監理部門とはどのような部門なのか
合格するための勉強法
不合格にならないためにするべきこと
口頭試験合格者の試験再現と解説 11例
口頭試験不合格者の試験再現と解説 6例

【配布方法】
サイトよりログインして頂きpdf資料をダウンロードして頂きます。
閲覧期間は2021年3月31日までになります。

【金額】
新規ご購入の方    20,000円(振込手数料はご負担ください)
令和元年度ご購入の方 10,000円(振込手数料はご負担ください)
価格は予告なく変更させて頂く場合があります。

【お申込み方法】
下記から「総合技術監理部門口頭試験対策資料購入希望」とお申込みください。
追って振込先をご連絡いたします。
ご入金確認後配布方法をメールでご連絡いたします。

お申込みはこちらから

技術士総合技術監理部門の合格を祈念しております。

横浜すばる