技術士になるには技術士2次試験に合格し、
技術士登録をすれば技術士になれます。

技術士2次試験を受験するには資格要件があります。
1次試験に合格し、ある一定の業務経験年数が必要です。
学歴は関係ありません。
一定の業務経験が必要です。

業務経験がないヒトは受験資格がありません。
これは業務経験がないヒトは技術士としての資質がないとみなされているということです。
反対に業務経験年数を満たしているヒトは技術士として資質があるとみなされています。
申し込み時に業務経歴票を添付しなければならないのはそのためです。
あとは高等の専門的応用能力を持っていることを証明するだけです。
そのために試験を実施します。
その最終確認のために口頭試験を実施します。

技術士2次試験を受験するヒトはまず自分の経歴が
技術士にふさわしいか否かを確認するべきです。
自分の経歴を棚卸し、技術士法に沿っているか否かを確認してください。
これは一般部門も総監も同じです。

 

受験資格

 

 

甘く見ると痛い目にあいます

お問合せはこちらから。
関連サイト
横浜すばる技術士事務所
会社概要